教壇実習、真っ最中!です。


KCP日本語教師養成講座。
その母体はKCP地球市民日本語学校といいます。
先日、七夕をイメージさせる素敵な飾りを日本語学校の学生が作ってくれました。
さて、そんな留学生の正規クラスに5日間連続で入り、最終日には「授業」を行う
教壇実習が始まりました。
4月からの2か月半、勉強してきたことを実践する場!
準備に余念がありません。



さあ、授業!
今日は出席を取らせてもらいました。
タブレットで名前を確認しながら学生の顔を覚えます。

こちらのクラスでは、教壇に立って音読のリードを任されました。


少し緊張しましたが、学生も大きな声で応えてくれました!

カタカナディクテーションってご存じですか。
教師が単語を読んで、学生はそれをカタカナで書き取る。
外国人にとってはこれがなかなか難しい!!
こちらの実習生はディクテーションの発音にチャレンジ。
正しく、分かりやすく、落ち着いて・・

一つずつ「できた!」という経験を重ねながら
本物の日本語教師へと成長して行きます。

◆KCP日本語教師養成講座
 420時間少人数実践コースでは7月期生を募集中です!
 講座を特別価格で受講できるお得な「KCPサポーターキャンペーン」を実施中!!
 是非この機会に夢への一歩を踏み出してください!!
 開講は6月25日を予定しています。
 メールで直接お問い合わせください。
 説明会も随時開催中です。yosei@kcp.ac.jp◆

#日本語教師 #教壇実習 #日本語教師養成講座 #420時間 #日本語教師になる  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です