模擬授業実践ラボ・教壇実習を終えて◆1月6日来期講座開講

今年4月から、コロナ禍にも屈せず学びを続けられた

KCP日本語教師養成講座の受講生が教壇実習を終え

もうすぐ、修了式を迎えます。

420時間少人数実践コースで理論、実技と学ばれた方もいらっしゃいますし、

KCPでは「理論は学んだけど、実践力が足りないので身につけたい!」「有資格者には

なったものの、教壇に立つ自信がない」という方のために「420時間少人数実践コース」の

実践部分「模擬授業実践ラボ」と「教壇実習」を単独で受講することもできますので

そのように学ばれて修了を迎えられた方もいらっしゃいます。

本日は、修了予定の皆様の「模擬授業実践ラボ」「教壇実習を」を終えての感想を

掲載します。おうち時間が長くなった今が、日本語教師の勉強を始めるチャンス!

2022年1月6日「420時間少人数実践コース」

1月25日「模擬授業実践ラボ 初級」開講予定です。説明会を行っています。

電話 03-3356-7747      メール    yosei@kcp.ac.jp  までご連絡ください!

学校もご案内します。

~・・~・・~・・模擬授業実践ラボ・教壇実習を終えて MN・・~・・~・・~

私は、今年4月からKCPにて、実践ラボ初級・中上級と教壇実習(初級クラス、中級クラス)を学ばせていただきました。

実践ラボでは、現役の日本語教師の方々の各レベルのクラス見学をさせていただいたり、指導教官の自らの教案を提示してくださり、教案の書き方(導入・練習・発展練習)、教壇に立つ際の教師の話し方、板書の書き方など、細やかな指導をしていただきました。毎回の講義で、実習生一人一人宿題で考えてきた教案をもとに模擬授業をし、具体的にどのように教えたらよいのか、時間内に教えるためにはどのような工夫が必要なのかなど、実習生同士模擬授業の感想を述べ合ったり、指導教官の適切なアドバイスをいただいたりしながら、毎回自分の課題を見つけ、克服していくという日々でした。模擬授業を重ねていくうちに、実際に教壇に立って教えるイメージが膨らんでいきました。

教壇実習では、5日間実際のクラスに入り、毎日3時間の授業を学生と共に参加させていただき、最終日には、実際に授業を行いました。6月に初級クラスで、11月に中級クラスで、教壇実習を体験しました。クラス担当されている全員の先生方の授業をたっぷり見学させていただきながら、実践ラボで学んだことを基に、クラスの学生たちとコミュニケーションをとりながら、学生達に合った目標を決め、それに沿った45分間の教案作成をして実習本番に臨みました。クラス担当の先生に何度もアドバイスをいただきながら、何度も教案を作り直したり、PPTで練習内容を作ったり、発展練習で何をさせるか決めたり、本番まで毎日頭の中は教案で一杯でした。

本番では、無我夢中でしたが、学生達が一生懸命、積極的に参加してくれ、発展練習では、教えた文型を正しく使って、楽しく会話をはずませてくれて、その様子に安心すると共に私自身も達成感を感じることができました。

中級レベルのクラスの教壇実習は、コロナの影響で、対面とオンラインのハイフレックス授業での実習でした。

教えることに加えて、ITスキルや、オンラインの学生に対する配慮が必要とされ、私にとって最大の難関でしたが、大変貴重な経験をさせていただきました。

実践ラボで、初級から上級までのレベル別の授業の教え方を学び、教壇実習で学生に実際に教えることができた経験と、日々指導教官や担当クラスの先生にご指導いただき何度も書き直した教案と、教壇実習の10日間を書き綴った実習ノートは、私にとって大切な宝物となっています。

KCPの学生達は、本当に真面目で、自分たちの夢に向かって毎日一生懸命勉強しています。そして、話せるようになりたいという意欲がとても旺盛だと思いました。私も、そのような学生達の興味や意欲を更に引き出せるような授業をしたい、そして、日本語を学んでよかった、話せるようになったと達成感を感じてもらえるような授業ができる教師になりたいと改めて思わせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
KCPの420時間少人数実践講座は只今1月生募集中!!

開講は1月6日です。
おうち時間が長い今日この頃は、以前から目指していた
日本語教師になるための勉強がじっくりできるとき!!
興味、関心のある方は是非
yosei@kcp.ac.jp
までご連絡ください。
説明会の日程をご案内しします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#日本語教師 #実習 #420時間 #日本語教師養成講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です