教える力を伸ばしたい方、増えています。

最近受講希望の方が増えているブラッシュアップコースですが、今年は既に1~2月と3月の短期集中コースが修了しました。(写真は受講生の模擬授業の様子です)
修了生の中から以下のようなコメントを頂きました。少し長いですが、ご紹介させていただきます。
「私は『みんなの日本語』の各文型について、目標の設定の仕方や目標到達までの一連の練習について学びたいと思い、ブラッシュアップコースを受講しましたが、当初の目的以上に様々なことを教えていただきました。板書の目的や書き方、教科書の使い方、語彙や活用形の導入の仕方、ドリルのやり方、運用力を身につける練習、クラス活動の形態、およびフィードバックの仕方など幅広くかつ深く学ぶことができました。今後はそれらを実際に生かし、少しでも実りにある授業を心がけたいと思います。
その中で、最も印象的なのは、運用力を身につける練習について学んだことです。文型を使えるようにするだけでなく、コミュニケーションできるようにすることが大切で、そのためには教師が目標を高く設定する必要があることを学びました。教師が会話全体のイメージを持つこと(略)、教師が日ごろから様々なことに興味を持ち、言葉の使い方を意識し、観察することが大切だと感じています。」
大変熱心な受講生を前に毎回こちらも緊張感のある講座となりました。ですが、教える側としてもとても実りの多く楽しい講座となりました。励みになるコメントをありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です